交通事故を起こしてしまったときの対応

車で交通事故にあってしまったとき、あるいは交通事故を起こしてしまったとき、どうすべきかと焦ってしまうものでしょう。

日本では全ての車の所有者が自賠責保険に入る義務があります。

自賠責保険に加入しているからこそ、加害者は被害者に対して、最低限の補償ができるようになっています。

一方で任意保険は、加入しなくても良いものです。

保険に入っていれば補償の対象になることもありますが、任意保険は制限が厳しいため、事故にあったからと言って必ず補償されるとは限りません。

では、任意保険保険には加入する必要があるでしょうか?

この記事では、自賠責保険と任意保険の特徴や、任意保険の必要性について詳しく解説します。

自賠責保険とは?全ての車の所有者が入る保険

自賠責保険は、車の所有者全員が加入しなくてはいけない保険です。

交通事故にあった被害者を救済するために、国が事業として行っています。

被害者を救済するための保険なので、対象となるのは被害者が死亡またはケガをしたときです。

支払い補償額の上限は下記の通りです。

●死亡:3,000万円
●傷害:120万円
●後遺障害:75万円~4,000万円

物損は対象にならないので、相手の車を弁償しなくてはいけない、などの場合には全て自費になります。

任意保険とは?自分で判断して入れる保険

自賠責保険は被害者の身体についてのみ補償される保険ですが、任意保険は身体以外にも物や車までカバーできるものがあります。

例えば、下記のような保険があります。

【保険の種類】 主な内容
対人賠償保険 交通事故で相手を死傷さた場合に支払われます。自賠責保険でカバーできない部分に保険金がおりることが多いです。
対物賠償保険 自動車による事故で、他人の車や家、物などを壊してしまった場合に支払われます。道路にあるガードレールや信号機、電柱、看板なども対象になることが多いです。
車両保険 契約している車に損害が出た場合に、車の費用などが補償されます。
人身傷害保険 歩行中や搭乗中に自動車事故により死傷した場合に支払われます。保険金額の上限を目処に、過失の割合は関係なく支払われるのが一般的です。
無保険者傷害保険 相手の車が無保険あるいは不明のとき、自動車事故によって死傷、後遺症を負った場合に補償されます。

必要に応じて保険を選び加入しておくことで、万が一のときには補償金がおりて助けてもらえます。

ただし、保険会社としてはできるだけ補償金を払いたくないため、理不尽な条件を突きつけられる可能性も。

任意保険の必要性とは?

任意保険は、余裕があるなら入っておくほうが安心でしょう。

自賠責保険でまかなえない部分については、任意保険を頼ることになります。

任意保険に入っていない場合には、加害者側に直接請求を行う可能性もあります。

加害者に支払い能力がない場合、加害者は借金を負う可能性があり、被害者はじゅうぶんな支払いをしてもらえない可能性があります。

任意保険は被害者・加害者どちらになってしまった場合にも、自分を守ってくれる保険になるでしょう。

損害賠償に納得できない?行政書士へ相談を

自賠責保険と任意保険、どちらも保険会社に問い合わせをして補償額を支払ってもらうことになります。

保険会社としては支払う補償額をおさえたいため、被害者にとって理不尽な補償内容を押し付けてくることも。

しかし、素人が意見を言っても、聞き入れてくれることは少ないです。

保険会社の出してくる条件に納得できないときには、行政書士への相談を考えてみてください。

行政書士に相談すると解決できることの例

  1. 自賠責保険の上限額を治療費に充てられる
  2. 資料が揃い次第すぐ請求ができる
  3. 任意保険会社とのやり取りによるストレスがなくなる

それぞれ解説します。

行政書士に依頼1:自賠責保険の上限額を治療費に充てられる

自賠責保険に対して個人で請求すると、何かと理由をつけて補償額を下げられてしまうことがほとんどです。

例えばむち打ちで3か月程度通った場合、完治する前に治療の打ち切りを告げられることが多いです。

一方で行政書士に依頼すると、打ち切りを告げられることなく、患者様のペースで自賠責保険の最大額120万円を、治療費・慰謝料・交通費等に割り当てることができます。

行政書士に依頼2:資料が揃い次第すぐ請求ができる

例えば自賠責保険の請求時には、12枚項目以上の書類を集めなくてはいけません。

加害者の保険会社へ問い合わせ、必要書類を確認してから請求の準備を始める流れになります。

初めてのことだと、ケガをしたまま資料集めにも苦労してしまうでしょう。

行政書士に相談すれば、プロからのアドバイスのもとテキパキと資料を揃え、すぐに請求ができます。

行政書士に依頼3:任意保険会社とのやり取りによるストレスがなくなる

保険会社とのやり取りは、行政書士が代わりに行います。

保険会社は強気で補償額を引き下げる理由を押し付けようとしてくるため、交渉しようとするとかなりストレスになることがほとんどです。

一方で行政書士はプロなので、保険会社側も被害者側からの要求を飲みやすくなります。

ケガを抱えながらストレスを感じたくないなら、行政書士に依頼をしてしまうのが楽でしょう。

自賠責保険と任意保険は別物!相談は行政書士へ

自賠責保険と任意保険は別物であることをお伝えしました。

もしすでに事故にあってしまい混乱している、という人は、お気軽に行政書士へご相談ください。

これからどうするのがベストなのか、親身にお話をさせていただきます。

関連記事

  1. 4/25 静岡県清水商工会にて被害者請求セミナーを行いました

  2. ちょっとまって!タクシーでの事故で知っておくこと

交通事故の専門家を探す